抹茶の歴史

お茶の源

約八百年前の鎌倉時代初期、臨済宗の開祖、栄西禅師が
中国の宋から茶の種子を持ち帰ったのが現在の茶の源だと伝えられています。

この茶は煎じて飲む煎茶の飲み方ではなく、粉末にして飲む抹茶の飲み方と同じものでした。
栄西禅師の「喫茶養生記」は栽培法や効用を説いた茶に関してのわが国最初の文献です。
栄西禅師から禅を学んだ京都郊外の栂尾・高山寺の明恵上人は抹茶法を引き継ぎ、
贈られた茶の種子を栂尾をはじめ宇治・仁和寺・醍醐などに播き、その複の茶の普及に大きな役割を果たしました。

お茶の繁栄

宇治は京の都に近いうえに、「宇治の川霧」といわれる霧が霜害を防ぎ日光をやわらげるため、
茶の栽培に適した土地として大きく発展していきました。

全閣寺で有名な足利義満が宇治茶の栽培を奨励し、室町幕府の御用茶園「宇治七名園」を
誕生させたころには、栂尾にかわって宇治が茶の本場となったのです。

江戸時代には永谷宗円が煎茶の製法を、明治の初めには木下吉左衛門が玉露の製法をあみだすなど、宇治の茶業家は創意工夫の努力を惜しまず、茶の発展を支えてきました。

茶の湯とともに

室町時代に禅の精神と結びついた茶の湯は千利休へと受け継がれ一つの文化として大成されました。
信長、秀吉ら戦国大名たちに庇護された茶道は広く親しまれるようになり、
宇治の抹茶は茶人の間でなくてはならないものとなりました。

茶の湯文化はわが国独自の精神文化として、三千家をはじめとする古流派へと伝えられ、現在に至つています。