お茶のはなし

日本人の文化の礎「茶」を知ろう

お茶の葉

茶-それは私たち日本人の暮らしと切っても切れない関係に あります。
日常茶飯事という言葉が示すとおり、誰もが毎日何らかの形で茶と 接していると言っても過言ではないでしょう。
歴史を紐解いてみても、茶は侘び寂びの精神を重んじる日本の文化的背景の形成に大きな 役割を果たし、
そして現在にも脈々と生き続けています。
たかが茶、されどこの茶がいつ伝えられ現在に至るのか、そしてその種類は等々…時には、急須で淹れた香り高い「茶」を戴きながらこの愛しい日本茶のことを考えてみませんか。

お茶の種類

同じ茶の樹から生まれても栽培方法や製造方法によつてさまざまな茶が誕生します。

緑 茶

覆いをしないもの (露地茶園)
煎 茶
煎 茶
玉露と同じ製法で、日本茶の大部分を占める。
川 柳
川 柳
新芽が大きく成長し、煎茶とならないもの。
番 茶
茶摘の終わった後、硬化した葉を刈り取り
蒸して乾燥したもの。
加工茶
煎茶や川柳をさらに加工したもの。
玄米茶
玄米茶
茶とほうじ米を配合したもの。
ほうじ茶
ほうじ茶
主に川柳を強火でほうじたもの。
芳禄茶
当園特製茶で煎茶やかぶせ茶に
抹茶をブレンドしたもの。
覆いをするもの (覆下茶園)
碾茶(抹茶の原料)
碾 茶(抹茶)
茶の葉を蒸した後、揉まずに乾かしたもの。
これを石臼で挽くと抹茶になります。
玉 露
玉 露
茶の葉を蒸した後、揉みながら乾かしたもの
かぶせ茶
茶樹に簡単な覆いをかぶせたもの。
玉露と煎茶の中間。
出 物
煎茶、碾茶、玉露を精選する過程で
選り分けられたもの。
芽 茶
沈 粉(芽茶)
さい新芽が製造過程で粒状になり、
これを選り分けたもの。
雁ケ音
雁ケ音(茎茶)
茎の部分を選り分けたもの。
粉 茶
茶の粉を選り分けたもの。

山政小山園の碾茶用優良品種

茶は種子を播いても雑種性が強いため、宇治の茶園は雑種茶園ばかりでした。
そこで品種が良くて樹勢の強い茶の木をさし木で増やすことに着眼し、宇治で初めて茶園の品種化に成功したのが、平野甚之丞氏と当園三代小山政次郎です。二人の協力により碾茶用優良品種として「さみどり(小山69号)」「あさひ(平野11号)」などが選抜されました。
中でも「あさひ」は全国茶品評会の碾茶部門で連続優勝しています。

  • 抹 茶抹 茶
碾茶(てんちゃ)と抹茶(まっちゃ)

抹茶に挽きあげるまでの原葉のことを碾茶といいます。
碾茶は市販されておりませんので聞き慣れない方も多いと思います。